30代・混合肌

 

出産を経験した30歳を過ぎた頃から、肌のくすみやしわ、しみ、毛穴の開きなどが頬や小鼻、目の周りを中心に気になり始めました。

 

気になり始めたきっかけは、友人と話している時に気付いた友人のしみ。

 

同じ歳の友人が、なんだか老けたと感じてしまい、帰宅してから慌てて自分の顔もチェック。

 

うっすらと出始めたしみや、目の周りりの小じわが目につき、ショックでした。

 

どんなに素敵な服を着て、メイクをして飾っても、ツヤツヤではりのあるシミ一つないキレイな肌には叶いません。

 

20代の時のようなはりのある肌に戻って、ファンデーションやコンシーラーなどで隠さなくても外出出来るような、素肌に自信を持って毎日を過ごせるようになりたいです。

 

 

 

結婚・出産後の肌荒れ対策

対策として、専業主婦なので高価な化粧品を買ったり、エステに通うことは現実的に難しいです。

 

なので、本やネットを見て、効果のありそうなマッサージや顔の体操を実践しています。

 

肌に負担の少ないクレンジングクリームを使用して、たっぷりの泡で肌への負担がかからないように優しく顔を洗っています。

 

洗顔後は、美白化粧水と乳液、乾燥の気になる季節にはホホバオイルを少量プラスで使用しています。

 

夜の10時から夜中の2時の間の睡眠が肌の細胞の活性化に良いと聞いたので、なるべくその時間帯には睡眠を取るようにしています。

 

脂っこい食べ物や糖分の摂り過ぎも肌には良くないので、スナック菓子やチョコレートなどのお菓子の食べ過ぎには気をつけています。

 

 

20代・敏感肌

 

結婚・出産後の肌荒れ対策

20歳を過ぎた頃から、右の頬の辺りに幾つかシミが見られるようになってきました。

 

小さい頃からそばかすがあり、最初はあまり気にして無くて、最近そばかすが増えたな?くらいしか思わず放っておいたが、年齢を重ねるにつれてどんどん範囲が広がり、一つ一つの大きさが大きく濃くなってきてシミだときづいた。

 

特に最近気になりはじめ、いろいろ試してはいるが一度できたシミはなかなか消えないと言われてショック。

 

自分の中では、中学時代に運動部に所属していて日焼け止めも塗らずに直射日光をかなり浴びていたせいなのかな?と思う。

 

あとは、出産。

 

出産をしてかなり肌質が変わってしまった。

 

このまま増え続けると困るのでどうにか消せないかと悩んではいるものの、皮膚科などの専門科のお薬やレーザーなどは副作用や痛みなどがあると聞き怖くてなかなか行くことが出来ない。

 

対策という程の事ではないが、これ以上シミを増やさないように、朝は化粧の下地の前にSPFの数字が高い日焼け止めを塗って、日差しが強い夏など天気のいい日は小まめにスプレータイプの日焼け止めを化粧の上から降って塗り直すようにしています。

 

あと、帽子や日傘を極力使うようにしています。

 

時間がかかっても良いのでなるべく薄くなればと思ってシミ専用の化粧品のサンプルを取り寄せてみた。

 

ネットの口コミででてきたシミ専用の化粧品(ハイドロキノンが配合されたもの)を2種類。

 

私は去年出産してまだ母乳をあげているので、副作用があって母乳をあげている人は医師に相談してくださいとの注意書きがあった一つは、私同様にシミに悩まされている母に渡して、私は母乳をあげている人も大丈夫という方を使ってみた。

 

使い心地は良かったが、サンプルでは全くと言っていいほど効果はなかった…

 

母に渡した方も感想を聞いてみると肌が明るくはなったみたいだったが効果はあまり期待できなかったようだった。

 

母乳の時期が終われば、シミには期待できなかったが母の使っていて肌が明るくなったという化粧品を買ってみたいと思う。